瀬田車両製造

提供: 関南・東山地方Wiki
2020年9月16日 (水) 20:56時点におけるTriple-Zeta (トーク | 投稿記録)による版 (ゴォォォォォォォジィィィィィ!!!説明不要ッ!)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬田車両製造株式会社(せたしゃりょうせいぞう)とは、鳥丘県新瀬田市に本社を置く、鉄道車両を主に請け負う株式会社である。

せたしゃりょうせいぞう
瀬田車両製造
種類 株式会社
略称 瀬田電鉄
本社所在地 鳥丘県新瀬田市中央区
設立 1965年3月1日
業種 鉄道車両製造
代表者 代表取締役社長
外部リンク なし

概要

瀬田電気鉄道の社名変更時に設立され、元々は全く別会社であった研碕重工業を瀬田電鉄が買収し、現在の名称へと改称した。後述の瀬田重工業としての別部門参入時に、会社名義は「瀬田重工業株式会社」へと変更されており、瀬田車両製造はその中の車両製造部門へと格下げされている。当時の北鳥丘には車両製造などのノウハウがある企業は存在しなかったため、当初は車両製造を行う予定ではなかった。しかし、当時の好景気などが影響したのか、重工業産業としてはほぼ一からのスタートとは思えないスピードで成長し、数年後には瀬田電鉄の初の自社車両を製造するに至った(瀬田1000系電車)。その後も主に鉄道車両製造を主に行う企業として成長を続け、隣接する地方(府舘地方など)への継続した車両供給を行っているなど、現在では関南地方随一の車両製造企業となっている。

さらに、2000年代半ばから別部門として独自にロボット産業へと参入。瀬田重工業として、主に工場用ロボットアームなどの製造を行っているほか、独自に開発した搭乗型ロボット兵器の製造を行っており、既に鳥丘県内での採用実績がある。ただし、兵器としての製造ではなく、あくまでも産業用と主張している。

車両製造部門

瀬田車両製造の名の付く部門がここにあたる。瀬田駅西に車両製造部門独自の第一工場を持ち、瀬田電鉄への納入車両整備・工事および他社向けの車両新造などを一手に引き受けている。その他に新鳥丘および鳥丘市内に数個工場を構える。所謂「元研碕」ではない派閥であり、急速に実績とともに勢力を拡大させているものの、社内での発言権は未だに小さいままである。

機械化部門

所謂「元研碕」派の部門がここにあたる。東森駅付近に巨大な工場を持つ。主要な取引先は工場などへのロボットアームが主だが、軍事向けのロボット産業への参入も行っており、大型人型機動兵器の開発にも成功している。このうち、15m型モデルの試作新型ナンバーが極秘裏に瀬田電鉄警備課へと納入され、県郊外で試験が行われている。